2008年04月02日

鰆のグリル 春の野菜ソテー添え

春爛漫。満開の桜に心躍る季節がやって参りました。

さて、今回のレシピは、春の魚の「鰆(さわら)」 
非常に簡単に家庭でも作れるレシピです。

『鰆のグリル 春の野菜ソテー添え』

  材料: 鰆の切り身(約80〜100g)、
      ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル
      黒胡椒、塩、バルサミコ酢、ニンニク1片、
      春野菜(菜の花、たらの芽、こごみ、ふきのとう、など何でもよいと思います)

1).鰆の切り身は、皮の部分に軽く切れ目を入れておき、身と皮の部分に予め
  塩と胡椒をしておく。
2)バルサミコソースを作る。ボウルにバルサミコ酢と、
  ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイルを入れ、よく混ぜ合わせて、
  乳化させる。(乳化とは、オイルと液体をよくかき混ぜて、ドレッシング状にすること)
3)春野菜は、塩味をつけた沸騰したお湯で、軽く茹でる。(温野菜の要領です)。
  フライパンにガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル
  ニンニク1片を入れ、弱火で温めてオイルにニンニクの香りがついたら、
  ニンニクを取り出し、ボイルした温野菜を強火でさっと炒める。これをお皿に盛る。
4)テフロン加工のフライパンに
  ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイルを少し入れ、
  弱火で温める。鰆の切り身を皮の部分を下にしてフライパンで焼く。
  同時に火を強火にし、一気に焼き上げる。 
  皮の部分がカリカリになる程度まで焼いて、次に身の部分を下にし、
  蓋をして火を超弱火にし、3〜5分。
5)鰆が焼きあがったら、温野菜を盛り付けたお皿に置き、
  最後に 2)で作ったバルサミコソースをかけ、
  更にガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイルをまわしかける。

080401鰆

<ワンポイントアドバイス>
魚の焼き方:皮の部分でほぼ80%程度焼き上げたあとは、身の部分は、ほとんどフライパンの余熱で熱を入れる程度でよい。こうすれば、魚の身が堅くならず、程よい食感で食べられます。これは、鰆に限らず、フライパンで魚を上手に焼くコツです。

レシピ作成:南欧料理フルヴィオ 寺下卓男


posted by 序庵 / JOAN at 00:23| Comment(0) | レシピ:魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。