2006年08月10日

イカのグリル パセリソース

厳しい残暑が続いています。
いかがお過ごしですか?

さて、8月のJOANオススメ料理レシピをお届けします。
香りのよいパセリソースで残暑を乗り切りましょう!

「イカのグリル パセリソース」

材料:スルメイカ(胴体の部分)、塩、粗挽き黒胡椒、
   イタリアンパセリ(普通のパセリでも良い)、
   ニンニク、完熟のトマト、
   ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル


<作り方>
1、スルメイカの胴体の部分を、掃除し、食べ易い大きさに切り分け、
  塩、胡椒をする。
2、フライパンにオイル、にんにく1片をつぶして入れ、弱火にかける。
  ゆっくりとオイルにニンニクの香りをオイルに移し、
  にんにくが焦げる一歩手前で、ニンニクを取り出す。
3、そのオイルで、イカの切り身を炒める。あまり炒めすぎないこと。
  イカが固くなってしまう。
4、パセリソースを作る。 
  イタリアンパセリ、ニンニクを一緒に細かく細かくみじん切りにする。
  できるだけ細かいほうが良い。
  完熟トマトをサイの目切りにしたもの、塩、それにここで、
  ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル

  たっぷりと加え、混ぜあわせて、ソース状に仕上げる。
5、お皿の上に、このソースを敷き、その上に、炒めたイカを盛り付ける。
  更に、最後にガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル
  をまわしかける。

060804イカパセリ.jpg

<ワンポイント アドバイス>
イカを炒めるときに、オイルにみじん切りのニンニクではなく、
ニンニクの塊(1片)を入れて、オイルにニンニクのほのかな香りを
つけることです。
ニンニクのみじん切りを入れてしまうと、直ぐにニンニクが焦げてしまい、
ニンニクの焦げた嫌な香りがイカに移り、料理が台無しになるので、
要注意です。


レシピ作成:南欧料理フルヴィオ 寺下卓男


posted by 序庵 / JOAN at 15:42| Comment(1) | レシピ:魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑いときでも、冷えた白ワインかビールで美味しく食べられそうですね。家でも本格イタリアンが楽しめそう。お腹が減ってきました。
Posted by とぽら at 2006年08月11日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。