2009年04月01日

ワカサギのエスカペッシェ

いよいよ4月。
新年度が始まりますね。
JOANオススメ料理レシピも久しぶりの更新です。

「ワカサギのエスカペッシェ」

<材 料>
ワカサギ、人参、玉葱、セロリ、白ワインビネガー、スペアミント、
レモン、小麦粉、グラニュー糖、
ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル

<作り方>
1.まず、マリネ液を作る。
  玉葱は薄く薄くスライス。人参とセロリは千切りにし、大きなフライパンで一緒に炒める。
  野菜のいい香りがして、しんなりとしてきたら、白ワインビネガーを注ぎ、少し煮詰める。
  最後にスペアミントを加えて風味をつける。
  味をみて野菜の甘味だけでもの足りなければ、好みでグラニュー糖を加えて、味を調える。
2.ワカサギに塩と胡椒をし10分くらい寝かせる。
  小麦粉を軽く表面につけて、サラダ油で揚げる。
3.大きなバットに揚げたワカサギをとり、1)で作ったマリネ液を一気に流し込む。
4.室温で冷ました後、容器に入れて冷蔵庫で冷す。
5.食べるときにガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル
  たっぶりとかけ、最後にレモンを切って添え、レモン汁をかける。  

090401わかさぎ.jpg

エスカベッシェとは、小魚を骨ごとフリットしマリネ液に漬ける料理のこと。
いわゆる、南蛮漬けのようなものです。
季節によって、キス、イワシ、鯵などの小魚で応用してください。
ポイントは、白ワインビネガーの酸味と最後にかけるレモン汁の酸味。
この2種類の酸味が小魚のフリット(揚げたもの)の味を引き出します。
レモン汁をかける前と後の味を比べてみてください。
それがよくわかると思います。 

レシピ作成:南欧料理フルヴィオ寺下卓男


posted by 序庵 / JOAN at 21:01| Comment(2) | レシピ:前菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワカサギのエスカペッシェ
おいしそう
素敵なレシピありがとうございます
Posted by ryuji_s1 at 2009年04月02日 10:19
>ryuji_s1さま

ぜひお試しくださいませ!
ご感想などいただけたらうれしいです(^。^)
Posted by JOAN at 2009年04月02日 14:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。